生理不順になる原因

様々な原因がある

生理不順になる原因

リラックスすることが大事

昔の人は生理周期が遅れたり、乱れたりすることは少なかったり遅かったのですが、今では20代・30代でも生理周期が乱れたりすることも珍しくありません。

もはや更年期障害と言ってもいいほどで若年性更年期障害とも言われています。

生理周期が乱れたりすることをあまり重大に思っていない人がいますが、20代や30代に起きる若年性更年期障害だったり、続発性無月経を放っておくと、最終的に早発閉経に繋がっていくリスクもあるのです。

しかし、そもそも生理不順や生理周期の乱れというのはなぜ起こるのでしょうか?もともと生理周期が遅れがちだったり、乱れがちの人もいますが、20代・30代になってこういった症状が出てくる女性も多いです。

生理不順に陥ってしまう理由は様々ですが、自分がどれに当てはまっているのかを見極めることも大切です。

生理不順の大敵とも言えるのがやはりストレスです。

10代の頃は学校生活だったり、アルバイト生活などである程度自由な時間だったり、厳しい部活などでも仲間がいたりと充実した学校生活を送っている人もいるでしょうし自由な時間で旅行とかにも出かけることが出来たと思います。

しかし、20代に入り会社でのストレスが増したり、30代では結婚をして育児などのストレスや責任感が増えてストレスに囲まれやすくなると言えます。

ストレスというのは目に見えないものであり、知らず知らずのうちに身体や精神にダメージを与えて自律神経に対して大きなダメージを受けてしまうこともあります。

ストレスを感じていないと思っていても知らぬ間にダメージが蓄積された結果、生理不順に陥ることがあります。

生理不順だったり、生理が遅くなったり、重くなったりした場合はストレスを感じていると思ったほうが良いでしょう。

ストレスというのは外的要因で起こることがほとんどです。

ストレスを発散させる為に好きなことをしたり、たまにはドガ食いをしてみたり、リラクゼーション音楽を聴きながら半身浴に使ってゆっくりと汗をかいたり、運動をするようにしましょう。

ストレスを感じることで肌荒れなどもしてきますので女性はストレスが天敵と思っておきましょう。

また生理不順は必ずしもストレスが原因とは限りません。

他の理由として卵巣そのものや、卵巣にホルモン分泌の命令を出す脳下垂体になんらかのトラブルが起こった場合でもうまく女性ホルモンの分泌がされなくなることもあります。

20代や30代にもかかわらず更年期障害の症状が見られ、中には閉経してしまう女性も近年増えていると言われています。

女性は常にダイエットをして身体をキープしようして絶食などの極端なダイエットや夜更かし、お酒などを大量に飲んだりを繰り返したりしている人もいます。

特に夜更かしなどで自律神経が乱れてしまったりもするので生活習慣を見直すようにしましょう。

日々の生活にストレスを感じながらより生活リズムが乱れてしまっている人も多いでしょう。

生理不順だったり、生理が重くなったりしている人はまず、自分を見つめなおしてください。

身体に無理をさせていないか?精神的にまいっていないかなどを考えてまずは体を労わるようにしましょう。

生理不順などは身体の内側からのサインと思いましょう。