緊急避妊用ピルの服用方法

知識として蓄えておこう

緊急避妊用ピルの服用方法

早く飲めば飲むほど避妊しづらい

緊急避妊薬というのは望まない妊娠を避けるための最終手段で用いる薬です。

避妊に失敗したり、無理やりされたという事件に巻き込まれたりした際に服用します。

女性は妊娠を望んでいなくてもコンドームが破れてしまったとか、コンドームを使用してくれなかったとか様々な理由で望まない妊娠をしてしまうかもしれません。

特に性交渉を強要されて避妊が出来なかったケースは絶対に緊急避妊薬を服用することが望ましいです。

日本で処方される緊急避妊薬を服用しても大体80%前後と言われています。

また緊急避妊薬は中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。

十分な避妊効果を得るには72時間以内の服用が必要になりますが、当サイトで紹介をしている緊急避妊薬のエラは120時間以内(5日以内)に服用する事で95%以上の確率で避妊に成功します。

とはいえ性行為が終わった後になるべく早く服用することでより妊娠を回避する効果が高まると言われています。

緊急避妊薬ですので、低容量ピルとは違い、副作用はある程度出ると覚悟をしておいた方がいいです。出づらいと紹介しているサイトはあまり信用しないほうがいいです。

人によって個人差がありますので出ない人もいるかもしれませんが、緊急避妊薬は副作用が強く出るぐらいの気持ちでいたほうがいいです。

副作用としては「吐き気・おう吐」「頭痛」「めまい・眠気」「不正出血」などが挙げられますが中でも気をつけなければいけないのが「吐き気・おう吐」です。

服用して3時間以内に吐いてしまったら再度薬の服用が必要になります。

つまり服用したら人によっては激しい吐き気やおう吐の副作用に苦しむ可能性があるということは覚悟しましょう。

もし何時間経っても吐き気やおう吐が収まらないという人は必ず医師の診断を受けるようにしてください。

国内で処方されている緊急避妊薬は「ノルレボ錠」が主流で酢。ノルレボ錠の前はプラノバールを使用する「ヤッペ法」が用いられていましたが、プラノバールのヤッペ法は中用量のピルのため副作用のリスクが高かったので今ではあまり使用されていません。

服用回数が1回だけなので飲み忘れの心配がありませんが、ヤッペ法と比較して費用が高いです。

主に病院で処方されるのがノルレボ錠です。

しかし、この医薬品個人輸入代行サイトならば最新の緊急避妊薬であるエラが販売されています。

値段は他よりも多少高めですが、効果もあります。

絶対に妊娠をしたくない用に使用するのにも関わらず効果が低かったり、副作用が辛いものを選ぶよりかは後悔しない選択をしたほうが良いと思います。

1錠は必ず用意をしておきましょう。