低用量ピルの効果と副作用

決まった時間に飲む

低用量ピルの効果と副作用

習慣づけることが大事

生理痛というのは男性から理解されないことは良くあることですが、時には女性からも理解されないケースもあります。

生理痛の辛い症状に備えて鎮痛剤を常に持ち歩いている人も多いですが、低用量ピルを進める医師の方も増えてきています。

生理痛そのもののがずいぶん楽になるという声が挙がっていますが、副作用が辛いんじゃないの?って不安に思っている人は多いです。

むしろ副作用ってかなり辛いんでしょ?って思っている人も少なくありません。

先入観で勘違いをしてしまっている人も多いと思いますから効果と副作用についてしっかりと理解しましょう。

低用量ピルの効果としてまず挙げられるのが女性が主体的に避妊できることです。

女性主体でありながらまずほぼ100%の確率で避妊が出来ます。

夫婦2人の時間を今は大切にしたい。

子供が出来るのはもう少し貯金をしたり生活に余裕を持ってから。

今は仕事が充実しているから子供はまだ考えられないという人もいるでしょう。

そういった考えを持った人は低用量ピルがオススメです。

ピルのメリットは避妊に役立つというイメージしか持っていないかもしれませんが、それ以外にも月経困難症や過多月経など、月経随伴症状を軽減できます。

さらに子宮内膜症の予防に繋がるのです。

色々とメリットがある低容量ピルは副作用を心配するよりもピルの作用に注目をしたほうがいいようです。

よく低用量ピルを飲むと「吐き気」や「不正出血」が起こると言われていますが、実は飲み続けると収まることがほとんどです。

さらに当サイトで紹介している低容量ピルは副作用も少ないだけではなくて体重増加やムクミを抑えて女性ホルモンを安定させるので美肌効果もあるとさえ言われています。

でもよく不安の声としてピルを飲んだら、妊娠しづらい体になると思っている人が多いですが、そんなことはありません。

妊活をはじめようと思ったらピルの服用をやめればいいだけですし、赤ちゃんなどにも影響を与えることもありません。

他にも卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクは減少するとも言われているので安心して服用できるのです。

計画的に今妊娠したら困るという人や生理が辛いという人には低用量ピルが非常にオススメなんです。

正しい知識を知れば知るほど低用量ピルのメリットを理解してくれることと思いますが、正しい服用をする事がとても大切です。

まず低用量ピルを服用する際の注意点として出来うる限り毎日同じ時間帯に飲むように習慣づけましょう。

朝起きた時や練る前など自分の飲みやすいタイミングで服用しましょう。

アラーム設定をしたり、最近では、メールやLINEで服用時間を知らせてくれるサービスもあります。

いくら習慣づけていても飲み忘れてしまう人もいますよね。

飲み忘れてしまったとしても翌日にまとめて飲むことが出来ますが、副作用が強く出てしまったり、血栓症のリスクなども生じますので、基本は毎日飲むようにして、どうしても忘れてしまった時だけは翌日に2錠飲むようにしてください。

忘れそうだなって思ったら多少時間を前後してしまっても大丈夫です。

とにかく毎日定期的に飲むということを覚えておけば大丈夫です。