緊急避妊用ピル【エラ】

女性ならば1錠は携帯をしておこう

緊急避妊用ピル【エラ】

万が一に備えておこう

>>緊急避妊用ピル【エラ】を購入する<<
無理やり乱暴されてしまったということは女性は考えなくてはいけません。

本来であればそんなことになること事態がおかしいことですが、そういった万が一に備えておかなくてはいけません。

また普段からつけている男性用避妊具であるコンドームが破けてしまったとかということで念には念を入れて緊急避妊薬であるアフターピルを使うというケースも女性は出てくる可能性があります。

少しでも早く緊急避妊薬は服用しておくことが大事なのですが、従来のアフターピルの場合は最大でも3日間以内に服用しないといけませんでした。

しかし、ここで紹介する「エラ」は120時間以内(5日以内)に服用する事で95%以上の確率で避妊に成功します。

従来よりも2日以上も伸びているので気が動転して服用することが遅れたときでもまだ間に合うわけです。

まずは1錠服用した後に病院に行って相談をして行動が正しかったかどうかを話し合っても言い訳です。

エラは製薬会社アブディイブラヒム社が開発、販売する緊急避妊薬です。

有効成分には「ウリプリスタル酢酸エステル」が使用されています。

病院で従来の緊急避妊薬を処方して貰うためには、7,000~15,000円ほどかかりますが、エラは従来の避妊薬よりも格段に安く購入できて服用期間の猶予が長く避妊効果も非常に高いので女性にとって心強い味方となってくれるはずです。

副作用の種類は多いですが全てが副作用として現れるわけではなく、一般的な緊急避妊薬と比べると副作用の発症率も低いので副作用が強い従来のものよりかは服用できると思います。

避妊に失敗してしまった方や、望まない妊娠を避けたい方、いざという時の備えとしてアフターピルを用意しておきたい方はエラを購入してみましょう。

エラは1錠あたりの値段が「4,980円」です。

1錠だけでも必ず持っておいたほうが良いでしょう。

副作用の症状としてはエラには頭痛、吐き気、腹痛、月経困難症などの副作用が報告されています。

月経困難症とは月経に伴って起こるもので下腹痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛、食欲不振、憂うつなど様々な症状があります。

その中で最も多いのが生理痛です。生理痛が強く出てしまうことがありますのでその時は病院に行って相談しましょう。

ただし、エラをはじめとした緊急避妊薬を服用したら必ず出るというものでもありません。

エラを服用してから3時間以内に嘔吐してしまった場合、再度エラを服用するようにしてください。

緊急避妊薬は3時間は気持ち悪くても耐えなくてはいけません。

何らかの形で避妊に失敗されてしまった場合、対処をしようと思ったら緊急避妊薬しか方法はありません。

1錠持っているかどうかで望まぬ妊娠を防げるわけですから必ず1錠もっておきましょう。
>>緊急避妊用ピル【エラ】を購入する<<