病院と通販の使い分け

専門の医者の意見を聞く

病院と通販の使い分け

安く通販で購入する

よく医薬品個人輸入代行サイトを利用すると病院なんて使っているなんて!と相手を見下したりする人がいます。

どうしても医薬品個人輸入代行サイトが素晴らしいサービスですから優越感に浸りたくなる人もいます。

24時間いつでもどこでもクリック1つで購入できますし、家族には内緒にしたいという人でも通販で薬が届くとは思わないのでごまかせることでしょう。

金銭的に余裕がない人でも日本では処方されていないジェネリック医薬品が手に入るだけではなくて日本ではまだ未承認ですが、世界中で利用されている医薬品を手に入れることも出来るのです。

しかし、今後病院を利用しないということではないんです。

病院と医薬品個人輸入代行サイトをしっかりと使い分けることがとても大事になってきます。

最初に低用量ピルを使おうと思ったらやはり病院に行って注意点や不安に思っていることなどを相談するようにしましょう。

もちろんインターネット上で調べることが出来ますし、正しい服用方法などをしっかりと医者から説明を受けたほうが良いと思います。

また医薬品個人輸入代行サイトの場合注文をしてから届くまでに時間がかかります。

1週間~2週間ほど、長ければ3週間かかります。

もし途中でもう低容量ピルの残りが少ないことに気付いたり、緊急避妊薬を今すぐにでも手に入れたいと思って注文をしても間に合わないのです。

そうなった時に頼りになるのが病院です。

病院ならばとりあえず行けば当日に薬を処方してもらうことが出来ます。

緊急避妊薬に関しては万が一1錠だけ用意をしていたとしても副作用からおう吐してしまってもう1錠飲まなくてはいけないのにその1錠がないとなっては駄目です。

そうなった時には行ったことがある病院があればすぐに向かうことが出来るのです。

まずは最初に病院に行ってきちんと専門の医者から説明を受けましょう。

流れ作業をしてくるような病院も中にはいますが、しっかりと説明をしてくれて受け答えをしてくれるところがほとんどです。

そこで副作用が少なくて自分に合っているな思ったら同じ薬やじゃネリック医薬品を医薬品個人輸入代行サイトでまとめて購入すれば良いのです。

普段使うのは医薬品個人輸入代行サイトで、すぐにでも欲しいとか、急遽必要になったと思ったら病院に行けば良いのです。

別にどちらか1つしか使ってはいけないというルールはありません。上手に使い分けることで薬と向かい合っていけるようになります。